読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイヤモンドよりもやわらかくあたたかな未来

作ること、考えること、ときどき旅

初、発熱。

夜中4時くらいにもぞもぞしてた息子君。おっぱいかなと思いあげようとしてもあまり飲まない。そういえばなんか熱い。熱計ったら38度超え。小児科医がいる救急外来へ着いたのは6時前でした。

前日の予防接種の副反応だろうとの事ですが、病院ではかったら38.9度に熱が上がってたので念のため血液検査と点滴。

処置室には入れず待合室で待ってたら、息子君のものすごい泣き声が聞こえてきます。頑張れって、母はもらい泣きしてしまいました。

終わって私のとこに戻ってきた息子君、両手の甲にいくつかの痛々しい針の後がありました。結局、血管に針を刺せず点滴諦めたそうです。大人でも痛いのによくがんばったね。

血液検査の結果を待っている間、熱を下げるための処置を何もしてくれない病院にキレた旦那氏が看護師や先生に文句言ってて、揉め事はなるべく避けたい私としてはヒヤヒヤしてたのですが、旦那氏の言い分はもっともで、言ってくれて良かったと思いました。だって、点滴できないから他に熱下げる方法がない訳ないですよね。実際待ってる間に病院の近くのコンビニで熱さまシート買ってきて、グーグルで熱下げる貼り方検索して、首の後ろと脇の下に貼ってようやく熱下がってきた訳だし。少し笑顔が出てほっとしました。

血液検査も何もなくてよかった。今日は出雲大社行く予定だったけど、久しぶりどこにも行かず、ゆっくり休んだ休日でした。

元気になってくれて本当によかった。