読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイヤモンドよりもやわらかくあたたかな未来

作ること、考えること、ときどき旅

世羅の筍ご飯と、次に行きたいところと、「海賊とよばれた男」

おでかけ キッチンにて 今日の幸せ

物を下に落とせません。

落とすと最後、強制スクワットです。

なぜかというと、せり出したおなかで前屈が苦しくてできないから。

成長してくれてなにより。こんにちは。やまかなです。

 

昨日は筍ご飯でした。

https://www.instagram.com/p/BEDiopcrTh2/

山椒の木の芽があるとこんなに違うのかー。すごくいい香り。#筍ごはん

 

世羅で買った筍。木の芽は植木鉢から摘みたてです。

山椒の植木鉢も去年世羅で買ったもの。冬は葉が全て散って枯れたかと思ってましたが、春になるとたくさんの新芽を出してくれました。植物の生命力は素晴らしい。

春の恵みがおいしすぎて食べ過ぎたせいか、今日はお腹が空きません。

 

世羅に行ったブログを書きながら、もらってきたイベントのチラシを見ながら、次はどこに行こうかと検討中。

f:id:yamak629:20160412141737j:image

春の高原は花ざかりですね。三次や庄原にも行ってみたいです。

三次も庄原もランチやカフェは調査済みです。

 

今は百田尚樹海賊とよばれた男を読んでいます。

上下巻の長編です。面白いけど、長い。

永遠の0」と同じ原作、監督、主演で映画化されると聞いたので気になって。

冒頭の主人公は60代ですが、青年から還暦超えまで、これを岡田くんがどう演じるんでしょうか。

大河ドラマも演じきった彼だから、期待しています。

上巻の終わりごろにゼロ戦に乗った青年の名前札が「宮部」と設定されているところがあり、永遠の0とのつながりを感じました。この部分は映画で表現されるんだろうか。

これから下巻を読みます。

アイスコーヒーを飲みながら。

 

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

 

 

海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)

海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)